FC2ブログ
BATTLEFIELD 3&4 5eMon Server
BATTLEFIELD 3&4 5eMon Server  鯖情報 迷惑プレイヤー こちらまで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1ヶ月限定復活!!
どうも、お久しぶりです
といいながら、もう誰も見てないと思いますが・・・・・・・・・・・・w

久しぶりに鯖官やってみようと思いました、今更って思いますけどね
設定などずいぶんと忘れてしまっているので、不都合があるかと思いますがよろしくお願いします
気が向けば二ヶ月突入するかもです
スポンサーサイト
長らくご利用ありがとうございました 閉鎖のお知らせ
個人的に始めた鯖管ごっこですが、今回で終了とさせていただききます

長い間ご利用ありがとうございました、しょうも無いトラブルやいろいろとありましたが、何とかここまで やってきました

皆様には感謝しております

また復活することがありましたら、こちらでご連絡させていただきたいと思いますが当分は無いと思います

それでは閉鎖まで遊びに来られる方がいましたら、よろしくお願いします
非常に申し訳ございませんでした
いきなりですが、本当に申し訳ございません
チームバランスが完全にくるってそのままラウンドがスタートすると言うことが起きておりました

テストを行っておりましたが、やはり導入後からの動きが非常に悪く、バランスがとれていませんでした
そのため以前のプラグインに戻しております

プレイヤーの方々にはご迷惑をおかけしました
申し訳ございませんでした
HUD/UI周りの改善やバランス調整など、9月の導入を目指す「Battlefield 4」のゲームプレイ改善に関する概要がアナウンス
以下引用

コアゲームプレイの改善

現在のCTE環境における取り組みは、“Battlefield 4”におけるコアゲームプレイの改善を中心に主導されており、2ヶ月強に渡ってこのイニシアチブに注力することでプレイヤーに楽しんでもらえるであろう多くの調整と変更が加えられた。今回の発表はコアゲームプレイの改善に注力したイニシアチブが終了に近づいていることを意味するもので、次の“Battlefield 4”用アップデートに以下のような大きな変更が適用される予定となっている。
複数のゲームモードに対する改善

全体的な改善と微調整が“Rush”と“Obliteration”、“Obliteration Competitive”、“Capture the Flag”、“Carrier Assault”に適用される。
リコイル時のビジュアル改善

近距離と中距離用の光学レティクルが銃のリコイルやぶれによる動きに追従しないよう変更される。ただし、着弾のぶれや弾丸の落下要素は何れも従来通り存在している。
兵士の移動アニメーションに関する改善

現在の外観はそのままに、兵士の移動を“Battlefield 3”の動きに近いレベルで一致するよう変更を加えている。この変更は望まない銃撃戦から逃げることをより容易にさせる。

このほか、兵士が頭部に被弾した際に、他者から見て頭部が大きく揺れ動いていたリアクションを鈍らせる変更を加えた。(※ これによりカバーした敵の頭部などがより狙いやすいよう改善されている)
必要なHUD情報の優先度に関する改善

状況に応じて必要とされる重要な情報を表示するよう、明快さにフォーカスし、煩雑さを低減させるために、幾つかのオプションや機能を加えることで、画面の煩雑さを抑え、プレイヤーが望む形に多くの選択を提示できるようHUDとUI周りの改善が加えられている。
蘇生システムの改善

蘇生システムの刷新に特別な労力を費やし、蘇生をより容易で理解しやすく、有用とする改善が適用される。新たにフルチャージしたパドルのサウンドや残された蘇生時間を示すUIインジケーター、ネットワークに接続されたラグドール表現の改善が導入される。
Netcodeの改善

pingの差異により生じる相撃ちやカバー時の死亡に関する問題をクライアント側のダメージ付与に絡む時間を低下させることで軽減させる。

自動的にプレイヤー周辺の更新レートを向上させる“Automatic High Frequency”アップデートをXbox 360とPS3向けにも適用させるほか、クライアントからクライアントへの弾丸ダメージが有効となる時間の調整は余計なゴミをはらい、同期ズレの問題を改善する。
ビークルのバランス調整について

BuffとNerfを必要とする優先度の高いビークルの確認と調整を進めている。
武器バランスの調整について

DICEは武器調整において、1度の戦闘(スポーンからキルまで)における平均的な持続時間(Time To Kill)の維持にフォーカスしている。前述したリコイルのビジュアル改善や、他者からみた被弾時のリアクション、サーバ側の更新レート向上はTime To Killを幾分か改善させたが、まだダメージとリコイルの変更についてはバランスを調整する必要がある。

また、サプレッションも再調整され、効果がより明確となった。
CTE環境における次のイニシアチブについて

コアゲームプレイの改善を経て、CTE環境における次の取り組みはチームプレイイニシアチブと呼ばれる予定。このイニシアチブにおいて、DICEはチームプレイとオブジェクティブの側面からBattlefieldのプレイを向上させることに注視している。この取り組みにはコマンダーや分隊、フィールドアップグレード、ゲームモードの改善に加え、新機能やバグ修正が含まれる予定。
新たにチームバランサー導入テスト
昨日ですが、あまりにも醜いラウンドがありました 力の差が出すぎと思いますが

そのために、本日よりチームバランサーの導入テストを行っております
いろいろと不具合や、勝手な移動などがあるかも思いませんがご了承ください

うまくいけばいいんですけれど、できる限り均等な力の差にしたいのですがこれだけはいまだに難しい問題です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。